薬剤師の仕事を40代で転職して良かったことと苦労したこと

キツイ仕事も充実感でカバーできる!

但し、患者さんの体調を確認しながら投薬に関して医師と相談しながら業務が行えること、そして患者さんとのコミュニケーションがとれることが大きな喜びとなっています。
得に入院していた患者さんが回復し退院されるときは非常に嬉しいものです。
薬剤師になりたての頃は病院の薬剤師は非常に仕事がきつく、また仕事内容も非常に複雑だと考えていたため薬局への就職を選んだのですが、40代を越えていろいろな経験をしてきた中で単に仕事がきついとか複雑だというだけではなく、どのような関わり方をしていくのが大切であるかを考えることが大切かという事を多く感じました。
40代にして職場を変えるというということで当初は不安も有り、環境も大きく変化しました。
現在では毎日非常に忙しくなかなか休みが取れないことも多く、薬局の様な毎日定時で帰って土日は休むという生活に比べると非常にきつい仕事ではありますが、非常に充実感を感じることが出来ており、転職をして良かったと思っています。

40代で病院の薬剤師に転職患者さんとしっかり向き合いたいキツイ仕事も充実感でカバーできる!